スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
UT3 第2版 Crosshairの変え方(09/2/4改訂)
*重要*
カスタムしたクロスヘアを使うにはゲーム内設定でCrosshairをsimpleにする必要があります。


 標準のクロスヘアって使いにくくないですか?でも、武器をhiddenにしてるから出来ればクロスヘアから今の武器が瞬時に分かるようにしておきたい。

 実は1.2パッチからこっそりCustomCrosshairCoordinatesという機能がついています。

 My Documents\My Games\Unreal Tournament 3\UTGame\ConfigにあるUTWeapon.iniをいじりましょう。

 言葉での説明よりiniファイルを直接見てもらうとはやいと思うのでupしときます

 UTWeapon.txt
(ini形式だとupできなかったのでtxt形式ですが)

 この中の
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=391,V=70,UL=50,VL=50)

 という部分がクロスヘアの形を定義している部分です。
 色を変えたい場合は
CrosshairColor=(R=0,G=255,B=0,A=255)
 といったような感じでいけます

 で、どんなクロスヘアがあるかということに関してはEpicのForumUnreal Tournament 3 Crosshair Designerを見てみてください

 *Unreal Tournament 3 Crosshair Designerの使い方説明図
CCCDC

 ちなみに僕のお気に入りは
dot.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=474,V=27,UL=9,VL=9)

square.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=35,V=334,UL=5,VL=5)

circle.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=380,V=320,UL=26,VL=26)

dotcross.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=406,V=23,UL=20,VL=20)

dotpoint.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=408,V=26,UL=16,VL=14)

sti.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=451,V=25,UL=57,VL=16)

ch001.jpg
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=261,V=25,UL=56,VL=14 )

ch002.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=62,V=256,UL=22,VL=22)

ch003.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=202,V=74,UL=44,VL=44)

ch004.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=257,V=90,UL=60,VL=12)

ch005.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=51,V=324,UL=18,VL=18)

ch006.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=4,V=68,UL=56,VL=56)

ch007.jpg
CustomCrosshairCoordinates=(U=388,V=268,UL=54,VL=38)

です。
 色はデフォでは白ですが、CrosshairColor=(R=0,G=255,B=0,A=255)ってな感じでRGBとアルファ(不透明度)を指定することで、いろいろと変化させることが出来ます。

 クロスヘアカスタムは武器ごとに行えます。また、[UTGame.UTWeapon]の項目では汎用クロスヘアを定義しています。

*注意
bUseCustomCoordinates=true としたあと
CustomCrosshairCoordinates=(U=391,V=70,UL=50,VL=50) といったようにちゃんとクロスヘアを決めてやらないとクロスヘアは透明になってしまいます。

*注意2
タレットのクロスヘアは共通のものが使われます。つまりUTWeapon.iniの中の

[UTGame.UTWeapon](この部分が共通の設定)
CrosshairColor=(R=255,G=255,B=255,A=255)
ZoomedTurnSpeedScalePct=0.85f
bTargetFrictionEnabled=FALSE
(中略)~
TargetAdhesionZoomedBoostValue=0.25f
bUseCustomCoordinates=true
CustomCrosshairCoordinates=(U=380,V=320,UL=26,VL=26)←これが共通のクロスヘアになります

ここから下は各部器ごとの設定
[UTGame.UTWeap_Avril]
;custom X hair configuration
bUseCustomCoordinates=true
(以下省略)

注意しなければならないは各武器ごとの設定だけではなく、共通の設定もちゃんとやっておかないとタレットのクロスヘアが消えてしまうということです。

*重要*
カスタムしたクロスヘアを使うにはゲーム内設定でCrosshairをsimpleにする必要があります。
【2009/02/04 20:49】 | UT3 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<UT3 2.0beta(仮)パッチ! | ホーム | 雑記 かえして!ニーソックス>>
コメント
参考にしましたー
【2009/02/08 14:24】 URL | Tokage #-[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございますー
最初からゲーム内で変更できたら苦労しなくていいのになあ。
【2009/02/10 13:13】 URL | rabi #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rabitta.blog29.fc2.com/tb.php/95-3a156fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。