スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Peercastの思い出?
 「今からPeercastでゲーム実況配信」とのつきあいは結構長いです。思い返してみたら僕は2005年から。そのころは新参だったけど、もう古参って呼ばれる位なのかな……

 いまでこそ100人を優に超える配信者がいますけど、その頃は10~20にんくらいだったと記憶してます。今はなきVipPage。ああ、懐かしい…… ちなみにVP子よりキャス子の方が好きでした。どうでもいいけど。

 どう考えても違法ブラックゾーン真ん中のピアキャスですが、最初はホントに新鮮だったんですよね。そのころニコ動どころかyou tubeすらなかったわけで、他人のゲームを見てるだけのことが妙に楽しかったんですね。BF2に出会ってFPSを始めるきっかけになったのもピアキャスですし、苺ましまろ、ハルヒを知ったのもピアキャスがきっかけだったりします。

 ピアキャス独自の用語ですが、「打開しました」って言葉はそのころから使われてたねー。もとはVIPやねとらじ発祥だからそっちで使われてたのかな?
 最近、めっきり聞かなくなった言葉は「BKK」「KH」「ココラッシュ」とかかなあ?「ココラッシュ」は好きだったんだけどなあ。是非ココラッシュの復権を願います。

 ドラクエリレー配信よかったなあ。確かリスナーが1000超えたのってこのときだったっけ?

 世間では明らかなクソゲーであり500円で売られてたアンサガがはやってたのも面白かったなあ。

 ニコ動ができたときはPeercastピンチかなと思ってました(なにげにニコ動も(仮)からです)。が、それでもニコキャスなどのツールもあり、見事生き延びてますね。

 でも、ピアキャスが未だ生き延びてる理由って別にニコキャスにあるわけじゃないんですよね。ラジオが生き延びてる理由とも重なるかな。ポイントは双方向通信だと思います。配信者の配信にたいしてリスナーが反応を返す。それに対しまた配信者が反応を返す。そういったやりとりがニコ動にはないピアキャスの魅力だと思います。
 初めてレスして(そのころはまだ配信者ごとの専用掲示板なんてなかった)それに対してレスありがとう~って返されたとき、かなり嬉しかったですもん。

 これからもピアキャス頑張って欲しいなあと願っています。


ココラッシュ
・FFリレーにて生まれた空耳用語。
 FF4で儲の出番の時、妖精の爪というアイテムを捨てようとした
 その時の言葉を文字に書き起こすと「ココラッシュ」という謎の言葉が聞こえたのが起源。
 以来、アイテムを捨てて次の人に嫌がらせをすること全般を示す言葉となった。
【2008/09/01 15:32】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑記 禁煙始めました | ホーム | やっぱりアイテム課金は苦手だよ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rabitta.blog29.fc2.com/tb.php/140-37ac7793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。